Tel. 06-6790-1200

診療時間
9:00〜12:00
16:00〜19:00

休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日

オアシスグループ

禁煙外来

禁煙治療とは

「禁煙しようと思っているけど実行できない」「禁煙にチャレンジしたけど長続きしない」など、禁煙したいのにタバコをやめられないのは、あなたの意志の弱さではなくニコチンのもつ強い依存性が原因です。
このような喫煙習憤は「ニコチン依存症」といわれ、病院での治療が必要な病気とされています。2006年から健康保険等で禁煙治療が受けられるようになり、医師のアドバイスを受けながら薬を使うことで禁煙の辛さをやわらげ、より楽に禁煙することができます。

病気の進行や合併症を防ぐために、医師と一緒に禁煙しましょう。お気軽にご相談下さい。

保険診療適用の条件

    ニコチン依存性を診断するテスト(TDS)で5点以上
    10設問に対し、「はい」または「いいえ」で答え、合計点が5点以上でニコチン依存症と判定されます。※最終判断は医師が行います。
    ブリンクマン指数(1日の禁煙本数×喫煙年数)が200以上の方
    例)25歳から1日15本喫煙している45歳の人の場合 15(本)×20(年)=300であり、対象となります。
    すぐに禁煙をしたいと考えている方
    1ヶ月以内に禁煙を開始したいとお考えの方
    禁煙治療を受けることを文書により同意している方
    医師から受けた禁煙治療の説明に同意し、内容に納得されましたらご署名等をお願いします。

健康保険等による禁煙治療のスケジュール

標準的な保険診療適用による禁煙治療は、12週間にわたって計5回の診察を受けます。
毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受ける他、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定します。 また、禁煙を継続するためのアドバイスや禁煙補助薬の処方を受けることができるため、禁煙は成功しやすくなります。

  1. 初回診察

  2. 再診①

  3. 再診②

  4. 再診③

  5. 再診④

  6.  

    GOAL

費用の目安

医療費の3割を自己負担した場合のおおよその費用はニコチンパッチ(8週間)で約12,000円、内服薬(12週間)で約18,000円です。

  • ※慢性疾患などのある方は、別に費用が発生します。
  • ※保険による禁煙治療をすでに受けた方は、1年以内に再度保険による禁煙治療を受けるこ とは出来ません。